メニュー

REACHサイクルシステム - 「夢と習慣を育てる」学習塾FLAPS|鶴川・南町田・淵野辺・新百合ヶ丘・南林間・南橋本・座間・湘南台・南大谷・本厚木

資料請求0800-800-8541

資料請求・お問い合わせ

学習塾FLAPS

資料請求・お問い合わせ

REACHサイクルシステム

REACHサイクルシステム

FLAPSでは、「基礎学力の定着」と「生徒の自主性」を育てるために、
REACHサイクルシステムを採用しています。

RE

REACHの「RE」は、
REview test(前週の定着度確認と同時に、今週の学習内容を事前に試みる為のテスト)の略です。

「前週の復習をどれだけ自主的に頑張れたか?」を確認し合うと同時に、「やった事のない問題」を自ら解こうとする習慣を身につけます。

 

 

A

REACHの「A」は、
Approach(積極的な授業参加)の略です。

自ら解こうとしたことで、「なぜそうなるのか?」に興味を持つように働きかけます。

 

 

C

REACHの「C」は、
Check test(今日の授業の定着度確認テスト)の略です。

定着度を測り、課題の重要項目を確認します。出来た問題は、「出来た」という成長確認を行います。

 

 

H

REACHの「H」は、
Homework(自宅学習の習慣)の略です。

自主的に課題に取り組む習慣づけを行い、「頑張る楽しさ」を学んでいきます。

 

REACHサイクルシステムとは、

RE(自分でやってみる)
 → A(興味を持って授業に参加)
  → C(成長と課題を確認)
   → H(自主的に取り組む)

cycle.png
という循環で、「基礎学力の定着」と「生徒の自主性」を育てるためのFLAPS独自のシステムです。

 

FLAPSでは、成績を上げることはもちろんですが、「どのようにして理解したか?」というプロセスを重要視しています。 同じ80点でも「いやいや覚えさせられた80点」と、「興味から取り組んだ80点」では、その後の伸びが違います。 このREACHサイクルシステムによって、自主性を育てた上で、学力を上げていくことが私たちのモットーです。

自ら取り組む習慣を育てることが、
FLAPSのモットーです。