大学選びで押さえておきたいポイントを解説【高校生の進路】

大学選びのポイントを解説

大学に進んでやりたいことがある!

大学で学びたいことがある!

こんな風に目標を持って大学を決めている人もいますが、

何を基準に大学を選べばいいのかよく分からない

と悩んでいる人もたくさんいます。

 

なかには

同じ名前の学科ならどの大学でも同じなの?
自分に合った大学はあるの?

といった不安を抱えている人もいるでしょう。

 

そこで今回は、高校では教えてもらえない大学選びで押さえておきたいポイントをわかりやすく紹介します。

自分が何を学びたいのか、やりたいことを考えよう!

大学選びで基本となるポイントは、自分が大学に入って何をやりたい・学びたいと思っているのかです。

 

大学は基本的に学びの場所であり、教育施設の中でも自分の就職に大きな影響を与える最終的な学校となります。

 

このため、

  • 大学で何を学んできたか
  • 何をしてきたのか

によって最終的な就職の方向性を決めることができます。

もちろん、大学での過ごし方や身につけてたものが就職活動にも大きな影響を与えることを覚えておきましょう。

 

特に資格が関係する業種・職種を目指している高校生は、その資格が取れる学部・学科のある大学を選ぶ必要があるので、希望する仕事ができるように大学を選ぶことが重要になります。

 

やりたいことがないときは興味関心で探す

もしも

大学でやりたいこととか学びたいこととかが思いつかない…

という場合でも、無理やりやりたいこと・学びたいことを探すのはおすすめしません。

 

そうではなく、大学のホームページやパンフレットを見て

これ面白そう
これ何だろう?

と、興味を引かれた学部・学科があるかどうか、気になる授業や研究があるかどうかで探すというのもひとつの方法です。

 

それでも見つからないのであれば、幅広い学科の知識を身につけることができる総合系の学科のある大学を探してみるというのもおすすめです。

 

大学は4年間!キャンパスライフも考えて

大学に入学した後は、大学4年間・大学院に進学する人は6年間、基本的に同じ大学に通い続けることになります!

途中で編入学できたり、学年で通うキャンパスが変わったりすることもあります。

そうなると後々で響いてくるのが、

  • 大学の立地
  • 通いやすさやかかる学費

などです。

 

大学キャンパスは都会型と郊外型の2パターン

大学のキャンパスには都会型郊外型の2つのパターンがあります。

 

都会型と郊外型のメリット
  • 都会型のメリット

都会型だと交通の利便性が良いことはもちろん、アルバイトや就職活動のしやすさ・遊びやすさがあるなどのメリットがあります。

  • 郊外型のメリット

郊外型であれば勉強に集中しやすい環境が整っていますし、キャンパスも広々としているので教育施設や設備が充実しているところも多いです。

 

また学部によってキャンパスの場所が異なっている大学も増えているので、立地なども考えて進学先を決めましょう!

 

通いやすさや学費は大学4年間を想定する

そして通いやすさや学費は直接自分や家族に負担をかけるポイントなので、特に重要です。

 

自宅からあまりに遠い大学にしてしまうと通学時間が負担になりやすいですし、学費が高額過ぎると経済面での問題が出てきます。

一人暮らしをする場合は学費だけではなく生活費も考えなければいけないので、最後まで通い続けられる範囲を考えて大学を選ぶことが大切です。

 

大学のレベルや就職のしやすさを考える

ほかにも大学選びをする上で外せないポイントとなっているのが、偏差値や就職との関係です。

 

偏差値は受験の難易度

偏差値はその大学の学力を示す目安です。

そのため大学受験においては、自分の学力との差を可視化できるポイントになります。

 

大学の偏差値レベルが自分の学力とあまりにかけ離れている大学は受験難易度が極端に上がります。

偏差値以外にその大学に通いたいと思える魅力があれば、偏差値にこだわる必要はなく学力をあげる努力をすればいいだけです。

しかし、そうでなければ受験勉強がただ辛いものになってしまいます。

 

偏差値だけで進学する大学を決める必要はありませんが、自分の学力とその大学の偏差値の差が大きく開いている場合には、覚悟して早い段階から受験勉強を始めましょう

 

大学選びは就職にもつながる

そして、大学選びは就職にもつながっています。

大学進学する多くの受験生の最終目標は、大学進学後に就職することでしょう。

 

自分の就きたい仕事によっては大学または学科の向き不向きがありますし、大学によって就職サポートが充実しているところとそうではないところがあります。

 

高校生のうちに将来やりたい仕事があれば

  • その仕事と大学の関連性
  • 就職時のサポートが期待できるかどうか

などの点も踏まえて大学を選ぶと、大学生になった後に困らないのでおすすめですよ。

 

まとめ:大学を選ぶポイントは1つだけではない

今回、大学選びに悩む高校生に知ってほしい大学の選び方について解説してきました!

この記事のポイント
  • 大学は自分の学びたいこと・やりたいことで選ぼう
  • 学びたいことややりたいことがはっきりしていないなら、興味関心で探すのもおすすめ
  • 4年間通うことを想定して立地や通いやすさ・学費も考えよう
  • 偏差値や就職のしやすさも参考にしよう

このように大学選びには様々なポイントがあります。

 

また今回紹介した大学選びのポイント以外にも、大学入試のシステムも選ぶポイントの一つになります。

入試試験のシステムは大学ごとに違います。そのため、自分が合格しやすい大学とそうではない大学があります。

 

 

このように一つのポイントばかりで大学選びを考えるのではなく、様々なポイントを踏まえて大学を多角的に見ることが大切です!

大学選びは、難しいですが進学した後に後悔しないように、自分の将来を考えて進路を決めていきましょう。

 

フラップスでは様々な大学入試に対応

フラップス高校指導部では、一般入試だけではなくAO入試(総合型選抜)や指定校推薦・公募推薦(学校型選抜)にも対応しています!

フラップスのAO入試・推薦入試はこちら

特にAO入試や推薦入試は、学校をしっかり選ぶことが合格に繋がります。

  • 自分に合った大学を知りたい
  • 自分の得意を活かせる大学入試制度を知りたい

という人は、ぜひ一度フラップス高校指導部までお問い合わせくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です