高校生がすべきは精神的自立【日々思うこと】

お知らせ画像

今回は、フラップス高校指導部が大切にしている理念についてお伝えします。

いつもお世話になっております。学習塾フラップス高校指導部の杉山です。

この4月はフラップス小中等部の卒業生たちが、各校舎より町田に集結し体験授業をしております。

「かっこいい先輩いました!!」
「部活どっちにしようかな~」
「高校の授業早くないっすか!?」

などなど日々の出来事をイキイキと話してくれる姿をみて、こちらまで嬉しく感じます。

実は各校舎の先生も、そんな高校生たちの様子をとても気にしていますよ。

 

高校生にしてほしい「精神的自立」とは

改めて、「新しく迎えた今日をどう選択して生きるか」が重要なのだと思います。

 

というのも、生徒には時折話をしていますが、高校時代とはまさに大人と子供の狭間の期間であります。

高校を卒業した頃には、いち早く社会に出て働く高校生もいれば、世間からは「大学生=大人」として扱われる高校生もいるでしょう。

つまり高校生になりたてのフレッシュな高校1年生も、3年後はもう大人の仲間入りを果たしています。冷静に考えると驚きですね。

 

だから、高校生活を通してフラップス高校指導部では「精神的自立」をしてほしいと考えています。

 

最も多感な時期だからこそ自分で選ぶことが大切

いよいよ始まった高校生活ですが、高校生は最も多感な期間といわれています。

通学範囲や交友範囲が広がることで一気に自分の周りの世界が広がり、どんどん新しい刺激が舞い込んでくるでしょう!

映画に感化されたり、音楽で心動いたり、時には友人関係で上手くいかなかったり、知らなかった感情に出会えたり、文化祭や部活で自分たちで創り上げる喜びを感じたり、恋愛を思いっきりしたり、いろいろなことが待ち受けています。

嬉しい!悔しい!悲しい!楽しい!といった感情に、高校生の心は今ここからグルングルン走り回ります。

 

だから良いんです。「どうしようか?」の選ぶ機会が、どの年代よりも多いから。

 

では、なぜ選択の機会が多いことが素晴らしいのか?

これが「精神的自立」をする為に不可欠だからです。

 

精神的自立とは自分が矛盾する習慣を作らないこと

精神的に自立した状態とは、その一つに自分の中に矛盾を作らない習慣を持つことが挙げられます。

  • 言ってることとやってることが違う
  • 思ってることに行動が伴っていない

といった矛盾がある習慣には、自分の軸がないため、結果としてその時々の感情による選択をしてしまいます。

 

何かを選ぶときに常に迷い、状況や周囲の意見に左右されてしまい、結局自分では何も選択しないまま、

  • 問題を先送りにして後になって困る
  • 誰かに依存しないと選べない(自分では決められない)
  • 「選択しない・誰かに決めてもらう」を選んだにも関わらず、その結果から生ずる責任に理不尽を感じる
  • 責任転嫁してしまう

これらを経験したことがある人も少なくないと思います。

しかしこのまま大人になってしまった末路はどうでしょうか?

生徒たちに大企業に就職してほしいとか、偏差値の高い大学に進学してほしいとか、そういったことを望んでいるのではありません。

そうではなく、大人として成長していってほしいのです。それには、自ら選ぶという経験を積んでいくことによる「自分自身」をいうものの確立が必要です。

 

精神的自立をするためにまず自分で選択していこう

これから様々な瞬間が訪れるでしょう。

  • 嬉しいときの、ふとした気配り。
  • 悔しいときの、プライドとの向き合い方。
  • 悲しいときの、次の一歩の出し方。
  • 楽しいときの、やらなくてはいけない約束。

このような時の自分の選択が、自分自身の信念となります。

 

今の日本のシステムに義務教育はあっても、社会に出た時に【義務勤労?】の期間はありません。要は卒業後いきなり自分次第の道が待っています。

想像してみましょう。自分の道を歩いた結果、数年後の社会人1年目。その時に自分が「今年の目標は自立する事です!!」と声を大にして言う未来は、理想なのでしょうか。

これは、例えるならば初めて部活の試合に出る日に「目標は試合にでること!!」と言っているのと同じです。

 

高校生ともなると同世代でも精神的に自立している同期・先輩がたくさんいます。

多くの生徒が経済的自立はまだ数年先ですが、精神的自立をするための準備はもうスタートしています。

 

勉強を通じて出会う「苦しい」瞬間も選択の瞬間

フラップスは学習塾ですから、私たちと一緒に勉強を通じて成長していきましょう。

勉強を通じて知る初めての感情。勉強と向き合うあなた。

以前もブログに書きましたが、勉強は勉強そのものが大切なのではありません。

だから勉強は大事なんです。sinθ・cosθも大事ですが、それだけではありません。

なぜ10代の最後まで勉強をするのか?特に、なぜ大学受験を通じて猛勉強するのか?

「やりにくい事」とちゃんと向き合える自分になるためなのではないかと思ったりします。

2015年3月18日「自己成長するにはやりにくいことと向き合う」より

かっこいい大人になる為の、充実した高校生活を過ごしていきましょう!

フラップス全講師、店舗を飛び越えて応援させて頂きます。