言葉の重要性【日々思うこと】

お知らせ画像

先日、生徒たちから誕生日祝いをしてもらいました!その中で感じた「言葉の大切さ」についてお伝えします。

いつもお世話になります。学習塾フラップス高校指導部の杉山です。

年明けから1カ月が経過しようとしています。

実は私、杉山は先週28歳の誕生日を迎えまして、教え子達から貰ったサプライズバースデーメッセージは、嬉しいかな、わたくしめの涙腺を崩壊させてくれました。

ありがとうございます!!

空気を察する文化の日本。

この繊細な感性は本当に素晴らしい。

人の気持ちを汲んだ上で話ができたり、物事を背景から想像して想えたりする言葉は、グローバルな時代に突入したからこそ、「Yes・Noにはない、This is ジャパニーズ」として我々が極めなくてはいけない文化なのだと思います。

だから国語という科目こそ未来への可能性なのです。

 

ただ今回お伝えしたかったのは、言葉の大切さです。

空気を察する素晴らしさは確かにある。

が、それさえも超えてやはり、

「おめでとうございます」
「いつもありがとうございます」
「数学いい点とります!」
「数学が面白くなってきました」
「学年末の集大成やってやります!」
「絵は気持ち悪いけど、分かりやすいです」

と言葉やメッセージをもらえると

「うわーーーー!!物凄く嬉しかった~」

と感じるいうことです。

恥ずかしながら私、教え子達からの「杉山先生、大好きオーラ」みたいなものは(自意識過剰かもしれませんが)…たまに多少…ちょっともらえていたり(もらえてますよね?)。

「成績をあげたい!!」という想いも「目つき」や「姿勢」で分かりますが、言葉でもらえると本当にうれしいですね。

 

察することも出来なくはないですが、言ってくれた、メッセージをくれたその教え子のイメージだけで心が豊かになりました。

みんな、いつも元気な顔をみせてくれてありがとう。

杉山28、ばりばり厳しくいくよ!

学年末考査まであと約1か月!!

今年度の集大成!!やーるぞー!!