【成績アップ】成績アップに欠かせない勉強への姿勢とは?【新百合ヶ丘校】

英語で高得点が取れる勉強への姿勢を解説します

今回は、英語の定期テストで高得点を取った生徒に共通する、勉強への取り組み方をご紹介します!

定期テストの点数に伸び悩みを感じている中学生や保護者様は、ぜひご覧ください!

フラップスの中学生コースの詳細はこちらからご確認いただけます。

定期テストで100点・90点以上を取る勉強への姿勢とは?

こんにちは!学習塾フラップス新百合ヶ丘校です。

夏めいてきました。私たち講師が夏を感じる瞬間の一つが、定期テストの返却です。

今回の新百合ケ丘校では、前期中間テストで高得点を取ってきてくれた生徒さんがたくさんいます。

その中でも特に素晴らしい点数を取った2人の生徒さんに共通する勉強に向かう姿勢を、ご紹介します。

(1)初めての定期テストで100点を取ったSくん

中学1年生にとって、今回は初めての定期テストでした。そのなかで素晴らしい結果をとったのがSくんです。

英語 100点(学年1位)

まずはSくん、おめでとう!本当によく頑張りました。

Sくん小学生の頃からフラップスに通っており、もちろん英語の勉強も頑張っていました。なので今回の結果は、小学生の頃からの努力ゆえとも言えます。

しかしそれに甘え、怠けて、

アルファベットなんて勉強しなくても大丈夫!

と油断して、サボったり、それゆえにケアレスミスをしたりする中学1年生もきっといるでしょう。

しかしSくんは決して手を抜いたりせず、自分を律しミスのない満点という結果を取ってくれました。

(2)難易度の上がる中学2年生の英語で94点を取ったTくん

中学1年生の英語は簡単だから…と思われる人もいるかもしれません。確かに、中学生の英語は1年生は初歩的な内容が多くなっています。

言い換えれば、中学2年生から急激に英語の難易度が高くなります

そんな難易度の上がる中学2英語で素晴らしい結果を出したのがTくんです。

英語 94点(学年2位)

学年トップではなかったものの、英語の高得点のみならず、他教科も高得点を取った上、英検も順調に取得してくれています。

ではSくんやTくん、そして模試で偏差値をグングンと上げている生徒たちに共通する勉強への姿勢とは何でしょうか?

成績アップに必要なのは、目標を掲げて、それに向けて努力すること

このような成績アップに欠かせない姿勢は、目標を掲げることです。

中学生に多いのは

どうせ無理だから…

という諦めです。

これは本当に無理だと思っていることもありますが、「目標を掲げても達成できたなかったら格好悪い」という保険をかけたい気持ちの裏返しであることがあります。

しかし残念ながら、目標を掲げなければ達成できるものも達成できません。

その目標は何でもいいのです。他人から見たら低い目標だとしても、自分で決めることが大切です。

目標、すなわちゴールが決まれば、適切なスタートを切ることができます。

成績の伸び悩みを感じている人は、少し背伸びした目標を設定してみても良いかもしれません!

\無料学習相談会実施中/

実は目標を決めることは、簡単ではありません。特に小学生までは目標を決めて物事に取り組むような機会が少ないため、

  • どうやって目標を立てるかわからない
  • 目標を立てた後どうすればいいかわからない

という中学生は多くいます。

そこでフラップスでは、次の定期テストに向けた目標設定と具体的な行動(勉強)計画をアドバイスする無料学習相談会を実施します!

相談をご希望の方は、公式LINEアカウントをご登録いただき【無料学習相談会希望】をメッセージを送信してください。

公式LINEアカウントからお問い合わせいただけます

※フラップス各校舎での相談会またはオンライン相談会から選択いただけます。

勉強に関する会話が難しくなる中学生・高校生のお子様の、定期テストでお悩みの保護者様は、ぜひこの機会をご活用ください!

お子様の勉強方法はもちろん、適切な目標設定の仕方や勉強計画にお悩みの保護者様は、ぜひ一度フラップスにご相談くださいね!

最寄りのフラップスの教室の詳細はこちらからご確認いただけます。
資料請求やお問い合わせはこちらのフォームから24時間受け付けております。
フラップスの中学生コースの詳細はこちらからご確認いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です