フラップスの5つの根〜社会力〜とは?

5つの根の社会力について解説します

フラップスの教育理念「5つの根」のひとつが、社会力です。

相手の立場に立って考える習慣の社会力は、子どもたちの学力向上や、将来の夢を見つけ、叶える上での大切な習慣です。

そこで今回は社会力について、フラップスでの取り組みやお子様の変化について具体的にお伝えします!

フラップスの5つの根〜社会力〜は?相手の立場に立ち考える習慣

フラップスでは、教育とは習慣を育てることだと考えています。

例えば、

  • 自分で考えて行動する習慣を持つ人
  • 人に指示されないと動けない習慣を持つ人

この2人では、勉強はもちろんそれ以外の場面でも大きな差が生まれるでしょう。

つまり、習慣が子どもの人生に影響を与えます

そこでフラップスでは、子どもたちが自信を持って生きていけるよう、5つの習慣「5つの根」を育てています。

  1. 前向きに取り組むポジティブ力
  2. 失敗を恐れずに挑戦するチャレンジ力
  3. 物事を最後までやり抜くゴール力
  4. 自ら考え、行動する自分力
  5. 相手の立場に立ち考える社会力

フラップスでは、勉強や日々のコミュニケーションを通して、この5つの習慣を伸ばすことを大切にしています。

今回は、社会力についてご紹介します。

社会力とは?相手を想像する力

社会力は、相手の立場に立って考える力です。

相手の立場に立って考える力を身につけるためには、相手の考えていることや置かれている立場などを想像する必要があります。

例えば、毎日お母さんが作ってくれる夜ご飯に対して

Aさん

これ飽きたから別のがいい!

と、自分のことしか考えられていないAさんと

Bくん

お母さんは家事や仕事で忙しくて自分の時間もないはずなのに、いつもご飯を作ってくれてすごい。僕もお手伝いしよう。

と、相手の気持ちや置かれている状況を考えているBくんでは、周囲とのコミュニケーションが変わります。

この2人の発言・行動の差は、相手を想像する力の有無で決まります。

相手の立場を想像する力があれば、周囲とのコミュニケーションが円滑に進むのはもちろんのこと、勉強の場面でも

  • 問題文から問われている内容を読み解く
  • 国語の読解問題で、文章の流れや登場人物の気持ちを理解する

ことができるようになります。

このように相手を想像する力である社会力は、学力向上はもちろん、子どもたちが社会へ出たあとにも必要な力です。

だからこそ、フラップスでは勉強や、日々の関わりを通して社会力を伸ばしています。

フラップスでの取り組み〜講師の声掛け〜

社会力を伸ばすためには、周囲の大人の声掛けがとても重要です。

子どもの心はまだまだ発達段階です。そのため、大人たちが適切な声掛けをすることで、子どもに気づきを与えることができます。

授業内での声がけ

ここでは、授業内での声掛けをご紹介します。

子どもは承認欲求であふれています。

  • 私、わかってるよ!
  • 僕、答えられるよ!

このような思いから、特に小学校低学年の子どもたちは、授業中の挙手や発言に積極的です。

フラップスでも、集団授業の中で積極的に挙手してくれる生徒がたくさんいますが、私たち講師は授業に参加している生徒全員が平等に発言できるよう心がけています。

そのため生徒にとって「答えたい!」というタイミングで、講師から指名されないことも当然あります。

すると、あきらかに

言いたかったのに、どうして先生は当ててくれないんだ…

という表情になる子もいます。

この瞬間こそ、社会力を伸ばすチャンスです。ここで、

  • 気づかないフリをする
  • 「そんな態度を取るのはダメだ!」と叱る

これらには社会力は伸ばす効果がありません。

私たちはその子のそばに近づいて、目線を合わせてこう伝えます。

さっきの問題、解けていたよね。さすがだね。先生は気づいていたよ!

でも他の子も発表できないと、「なんできみばっかり・・・」って周りの子は思ってしまうよね。

当ててないときも、先生はちゃんと頑張りに気づいているから、次の問題のときはよろしくね!

このように、子どもの頑張りを認めた上で、他者の感情を代弁します。

頑張りを認めてもらえたことで、子どもたちは「他の人も同じように当てられたいのか」という他者の気持ちを素直に受け止めることができます。

この繰り返しによって、相手を想像する力が育まれていきます。

お子様の変化〜社会力はこんな風に現れます〜

社会力は、5つの根の最後に挙げられています。

これは、社会力は短期的な声かけで身につけられる物ではないということです。

長い時間はかかりますが、それでも大人になる上で非常に大切な力です。

元気いっぱいAくんが他人に気づいた

Aくんは、元気いっぱいサッカー大好き少年でした。明るい性格で友達も多く、Aくんを中心にいつも盛り上がっていました。

こんな素敵なAくんですがその一方で、自己主張が強くなり、周囲を考えずに行動しまうこともありました。

例えば、

  • 「自分の意見を言いたい!」が強すぎて、他人の発言を遮ってしまう
  • 自分が使った道具や机をぐちゃぐちゃにしたままにしてしまう

このような瞬間がたびたび見受けられました。

いきなり全てのことを頭ごなしに注意しても、理解しきれず、効果がありません。そこでまずは、道具の片付けから取り組みました。

まずは道具の片付けからスタート

いつも通り授業が終わると、Aくんは使った国語辞典をそのままにして帰ろうとしていました。

そこでAくんを呼び止め、話をしました。

いつもAくんが使っている国語辞典、誰が片付けてくれていると思う?

先生?

実は、次に教室を使う6年生のお兄さんが片付けてくれているんだよ。

え、そうなの?

そうだよ。もしAくんがフラップスに来た時に、自分の机の上に誰かが使った物とか、消しゴムのカスが置きっぱなしになっていて、自分が片付けないといけなかったら、どんな気持ち?

面倒臭い…

そうだよね。お兄さんも同じように面倒くさいはずなのに、いつも片付けてくれているんだ。だから、自分で片付けできるかな?

わかった!

その話をした後、Aくんはきちんと片付けをして帰っていきました。

もちろんすぐに改善するのは難しいものです。Aくんは翌週も、道具をそのままにして帰りそうになってしまいました。

しかし今回は、

Aくん!

と呼び止めただけで、

あ!

という顔をして、すぐに片付けてくれました。

Aくん、片付けてくれてありがとう!

と伝えたら、とても嬉しそうな評定をしてくれました。

何度も繰り返し、このやりとりを続けました。繰り返すことで定着し、習慣になります

今のAくんは自分の片付けはもちろん、他の子の片付けまで手伝うようになってくれました。

なぜ他の子の片付けまで手伝ってくれるのか聞いてみると、

あの子が大変そうだったからだよ!

と、答えてくれました。

Aくんは、自分以外の相手の気持ちを想像して、それを行動に移せるようになりました。これは学習面での変化ではありませんが、大人になる上で非常に大切な習慣です。

このように、フラップスでは、時間をかけて子どものたちの社会力を育んでいます。

まとめ:フラップスで社会力を身につけよう

今回は、フラップスが大切にしている5つの根のうちの社会力についてご紹介していきました。

この記事のまとめ
  • 社会力は、相手の立場に立ち相手を想像する力
  • 社会力を育てるには、子どもを認めた上で他者の気持ちを考えさせる
  • 必要なタイミングでの大人の声かけが必要

フラップスの教育は、テストの点数向上だけを目的にはしていません。

勉強や講師とのコミュニケーションを通して、社会に出て役立つ力を伸ばしたいと考えています。

フラップスへお問い合わせいただく保護者さまからは

  • 親が言っても子どもは聞いてくれない。ケンカばかりしてしまう。
  • もう少し周りの意見も聞けるようになってほしい。
  • 人への思いやりや感謝の気持ちを伸ばしたい…。

というお悩みの声をいただくこともあります。ぜひこのようなお悩みをお持ちの保護者さまは、一度フラップスにご相談ください。

生徒の特性に合わせた勉強指導・習慣指導は、大変ご好評をいただいております。

お子さまの学力や勉強習慣にお悩みの保護者様はぜひ一度、フラップスまでご相談ください!

今なら無料カウンセリング実施中

今なら、プロ講師による無料学習・進路カウンセリングを実施しております!ご希望の方は、公式LINEから「無料カウンセリング希望」とメッセージを送ってくださいね!

最寄りのフラップスの教室の詳細はこちらからご確認いただけます。

▼お問い合わせはこちら▼

公式LINEアカウントからのお問い合わせはこちら
インターネットでのお問い合わせはこちら

社会力を伸ばし、子どもたちの可能性を広げましょう!

フラップスの教育理念である5つの根について詳しくはこちらをクリックしてください

その他の5つの根はこちら

5つの根のポジティブ力について解説します

フラップスの5つの根〜ポジティブ力〜とは?

5つの根のチャレンジ力について解説します

フラップスの5つの根〜チャレンジ力〜とは?

5つの根のゴール力について解説します

フラップスの5つの根〜ゴール力〜とは?

5つの根の自分力について解説します

フラップスの5つの根〜自分力〜とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です