【イベントレポート】体験型ジッカン講座「静電気の実験~電気くらげとあそぼう!」

フラップスのイベント「静電気の実験〜電気くらげと遊ぼう!」のイベントレポートをお届けします

今回は、2014年1月18日(土)に開催された【体験型ジッカン講座】静電気の実験~電気くらげとあそぼう!のイベントレポートをお届けします!

フラップス大人気イベントの一つが、体験型理科の実験イベントです。

子どもたちは好奇心旺盛です。実際に体験することで、知的欲求が刺激され、興味の幅が広がります。

そのために開催しているイベントが理科の実験イベントです。

先日開催された【体験型ジッカン講座】静電気の実験~電気くらげとあそぼう!も、多くの小学生にご参加いただき、大変ご好評をいただきました!

フラップスのイベントは毎回大変ご好評をいただいており、通塾生の小学生はもちろん、塾外生の小学生にもたくさんご参加いただきました!

静電気の実験~電気くらげとあそぼう!・イベントレポート

今回は、静電気に関する実験を行いました。

例えば下敷きで髪の毛をこすると、髪の毛が浮きますよね?これは静電気が発生しているということです。

では静電気の力を使えば、髪の毛以外の物も浮かすことができるのではないでしょうか?

そこで今回は

  • 長い風船
  • すずらんテープで作った「くらげ」

を使って、静電気でくらげを浮かせることはできるのか?を実験しました。

すずらんテープを裂いてくらげを作ります。

まずはすずらんテープを裂いて、自分のくらげを作ります。

大きさは人それぞれ。

小さい方が浮かびやすいのか?大きい方が浮かびやすいのか?

思い思いの大きさでくらげを作ります。

次にバルーンをこすって、静電気を発生させます。

静電気は目に見えません。

こすってみて、作ったくらげが浮くかどうかを実験します。

初めはなかなかうまくいかないのが実験です。

  • こすりかたを変えてみようか…
  • こする生地を変えてみようか…

子どもたちは試行錯誤してくらげを浮かせようと試みます。

試行錯誤ののち、ふわりと浮いたくらげを見て、

やった!くらげが浮いた!

と教室は大盛り上がりでした。

実験成功!おめでとう!
  • どうやったら浮くんだろう?
  • なんで浮くんだろう?
  • なんで壁にくっついちゃうんだろう?
  • もっと大きいくらげを浮かせるにはどうしたらいいだろう?

このように自ら考え、チャレンジしてみて解決することで、フラップスが育みたい習慣「自分力」「チャレンジ力」が養われます。

実験のあとは種明かしです。なぜ静電気でくらげが浮くのかを、講師が小学生にもわかりやすく解説します。

「なぜそうなるか?」がわかることで、子どもたちの知的好奇心が刺激されます。

そうか!だから浮いたんだ!

イベントが終わる頃の子どもたちの表情は、非常に生き生きとしていました。

フラップスのイベントで習慣を育てよう

フラップスではこのようなイベントを通して、子どもたちに身につけてほしい習慣を育みます。

例えば

  • 自ら考えて解決しようとする「自分力」
  • 考えたことを実際にやってみる「チャレンジ力」

このような力が育まれます。

またフラップスのイベントの特徴は他学年のお子様とも一緒にアクティビティを行う点です。

初めてイベントに参加する塾外生に、率先して話しかけたり、教室やトイレの場所・先生の特徴などを教えてあげたり、うまくいかない子に教えてあげたりと、他者を思いやる気持ち「社会力」を育むきっかけになります。

フラップスの教育理念である5つの根をご紹介します。
フラップスの教育理念「5つの根」について詳しくはこちら

フラップスのイベントでは、このようにさまざまな習慣を育むアクティビティとなっております。塾外生の方もお気軽にご参加いただけますので、ぜひフラップスのイベントに遊びに来てくださいね!

フラップスの小学生コースの詳細はこちらからご確認いただけます。
フラップスの小学生の取り組みはこちら
最寄りのフラップスの教室の詳細はこちらからご確認いただけます。
お近くのフラップスはこちら
インターネットでのお問い合わせはこちら

※担当者が確認後、資料郵送・お電話させていただきます。

公式LINEアカウントからのお問い合わせはこちら

※LINEでのお問い合わせの際は【イベント問い合わせ】とメッセージを送ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です