【音読が苦手】小学生の保護者様に1日3分だけ試してほしい音読練習法

小学校低学年の保護者様に知ってほしい音読の意味とメリット・家でできる練習法を解説します

お子様の音読を聞いていて、

もう少しスラスラ読めるようにならないかな?

と感じたことはありませんか?

音読が苦手だと、国語だけでなく勉強そのものが嫌になったり、点数が下がったりする可能性があります。

ただ、音読を聞くのには意外と時間がかかります。そのため、なかなかゆっくり時間が取れない方も多いと思います。

そこで今回は、1日3分でできる音読の練習法をプロの国語科講師がお伝えします!

音読が苦手なお子様がいらっしゃる保護者様は、ぜひ最後までご覧ください!

フラップスの小学生コースの詳細はこちらからご確認いただけます。

小学生で音読が苦手なままだと勉強はどうなる?

音読が苦手だと勉強も苦手になります

結論からお伝えします。

音読が苦手になるということは、勉強が苦手になるということです。

これは、読むことが勉強の根幹だからです。

例えばテストに取り組むときは、問題文を読んで趣旨を理解することから始まります。

問題文が正しく読めないと問題の意味を理解できません。そして意味が分からないと、問題が解けない(できない)ことにつながります。

こうして、わからない→できない→つまらないという学習の負のスパイラルに陥ります。

音読が苦手だと自分で勉強する力が育たない!?

そもそも、音読とは何を指すのでしょう?

文部科学省によると

声に出して読むことは広く「音読」である

「音読」は、正確・明晰・流暢(正しく・はっきり・すらすら)を目標とする

文部科学省ホームページより

と述べられています。

つまり音読が苦手だと、声に出して読むときに、正しく・はっきり・すらすらと読むことが難しいということになります。

特に正確に読めないのは、読解力の低さを表しています。

ある調査では、読解力の低い子は高い子に対して「自ら学ぶ力」が低いと指摘されています。

要するに、読解力が低いと

  • 自習や宿題を自ら進んで取り組めない
  • 分からない問題はやりたくない(やらない)

という傾向が強いということです。

単なる音読が、実は自ら学ぶ力を身につけることにつながっていると言えます。

音読が苦手だと勉強への苦手意識にも影響

音読で身につく読解力は、国語以外の教科とも強く関わっています

現行の学習指導要領では、教科を問わず、資料から情報を読み解く問題が増えています。

これは高度に発展する情報化社会で、子どもたちの情報活用能力(正しく情報を取捨選択する能力)を育てる目的があります。

そのため、昔は暗記で点数が取れた教科でも、読解力がないと解けない問題が大きな割合を占めるようになるということです。

つまり、音読が苦手だと読解力が身につかず、多くの教科で問題が解けなくなる可能性があるのです。

音読が苦手な小学生が音読上手になると得られるメリットとは?

音読で得られるメリット

音読が得意になることで、さまざまなメリットがあります。

一番のメリットは読解力が身につくことです。

ここからは、音読で身につく読解力を

  • 語彙の量が増える
  • 情報を理解し自ら解釈できるようになる
  • 情報を整理する力が身につく

の3つに分けて解説します。

メリット1:語彙の量が増える

音読を続けることで、語彙力が身につきます。言葉の引き出しが増えます。

音読すると、わからない言葉を知ることができます。

知った言葉を覚える→忘れる→思い出すを繰り返すことで、新しい言葉が定着して語彙力が増えます。

こうしてたくさんの語彙・知識が身につけば、より高いレベルの読解ができるようにもなります。

また音読では多くの情報を処理します。

その過程で、一時的に脳に保管できる情報量(ワーキングメモリ)が増えるため、より効率的に問題を解いたり、作業したりすることが可能になります。

語彙が増えれば、自分の感情をさまざまな言葉で表現できます。語彙力はそういった言語的な表現も豊かにしてくれます。

メリット2:情報を理解し自ら解釈できるようになる

正しく・はっきり・すらすらと音読できることは、文を意味のかたまりで理解できることを意味します。

音読できない場合、文を単語の羅列として認識していることが多いようです。

文章の理解の過程は以下の通りです。

  1. まずはを理解します。
  2. 次に段落を理解します。
  3. 最後に文章全体を理解します。

このステップを踏んで文章の全体観を把握し、分かりやすく解釈できるようになります。

音読を繰り返すと、理解から解釈までの一連の読解手順が早くなります。

テストであれば問題を解くスピードが上がり、見直しの余裕が生まれます。すると、テストの点数も安定して高くなります。

この余裕がないと思考力・判断力が鈍り、理解力が発揮できず、よい結果は得られません。

また自分で問題を理解できることは、自ら学ぶ力につながります。

これが、わかる→できる→おもしろいの学習の好スパイラルです。

このような習慣が身につけば、一生かけて学び続けられます。これは勉強面だけでなく将来の仕事などでも発揮されます。

メリット3:情報を整理する力が身につく

さらに音読の成果として、情報を整理する力も身につきます。

情報を整理することで、伝えたいことを自分の言葉で言い換えられるようになります。

小学生では題材をもとに自分の考えを述べる問題、中学生・高校生では文章を要約する問題がよく出題されますが、こうした問題も情報を整理する力で対処できます。

また作文やディベートなどでも、自分の意見をまとめて、かつ相手に伝わりやすい言葉で表現できるようになるので、表現力の観点によい影響を与えます。

表現力は、身振り手振りや話し方以前に、伝えたい内容を整理する能力が重要です。

【プロが教える】音読が苦手な小学生向けのレベル別練習法!

音読が得意になることは学習においてさまざまなメリットがあります。

では実際にお子様が音読を好きになるために、音読が苦手でも簡単に始められる練習法をご紹介します。

今回はレベル別に3つ紹介します。

  1. ひらがなとカタカナの単語
  2. 文節ごとに区切った音読
  3. 音読おいかけっこ

だれでも簡単に実践できるものなので、

うちの子の音読練習はどこから始めたらよいのだろう?

と考える小学生のお子様がいらっしゃる保護者様は、ぜひレベル1から始めてみましょう。

レベル1:ひらがなとカタカナの単語

レベル1は、ひらがなとカタカナの単語です。

まずは、ひらがなの言葉を正しく発声できるかどうかの確認から、スタートしましょう。

特に、

  • 二文字の言葉
  • 三文字の言葉
  • 濁音のついた言葉
  • 「っ」「ゃ」「ゅ」「ょ」がついた言葉

このような言葉の音読練習をします。

一見簡単そうに見えますが、子どもたちは「難しい」と感じていることも少なくありません。

それができたら、次はカタカナの言葉の練習をします。徐々に難易度を上げましょう。

レベル2「文節ごとに区切った音読」

単語の練習が終わったら、文節音読です。

短い文章を「/(スラッシュ)」で文節に区切りながら、読む練習をしましょう。

文節で区切れるようになると、少しずつ文章の意味が掴めるようになります。

レベル3「音読おいかけっこ」

音読は自分が読むだけでなく、正しい読み方や発音の仕方を聞くことも大切です。

そのため、まずは保護者様が文節音読をしてみて、それをお子様がマネして読んでみる、という音読おいかけっこもおすすめです。

文節音読で音読おいかけっこができたら、次は一文で同じように音読おいかけっこをしてみましょう。

子どもにとって見本となる人をおいかけながら読むことで、音読が上手になります。

まとめ:音読が苦手な小学生のお子様とは毎日一緒にコツコツ続けることが大切!

音読は学力向上につながる!1日3分から始めてみましょう

今回は、音読について音読の意味やできるようになるメリット、お家で簡単に取り組める練習法を解説してきましたが、いかがでしたか?

この記事のポイント
  1. 音読は声に出して、正しく・はっきり・すらすらと読めることを指す
  2. 音読が苦手だと勉強そのものが苦手になる可能性が高まる
  3. 音読できると語彙力・理解力・情報整理力が身につき、自学自習する力にもつながる
  4. 音読はまず単語が読めるかどうかを確認する
  5. 文節・一文での音読おいかけっこも効果的

音読が上手になるためには、子どもたちの音読を評価したり、一緒に練習したりできる人がいる必要があります。

なぜなら、発音や意味のまとまりを正しく理解しているかどうかを子ども自身では判断できないからです。

また、一人で音読するよりも反応して褒めてくれる人がいてくれることは、子どもたちのモチベーションアップにもつながります。

なので毎日お花に水をやるように、毎日音読の宿題や練習を一緒に取り組んであげることが望ましいです。

継続した音読練習の効果は絶大です。

ただ、毎日欠かさず、つきっきりで音読練習に時間を割くことが、物理的に難しい保護者様は多くいらっしゃいます。

そのようなときは、保護者様のなかで分担をしたり、塾のような第三者に任せることもおすすめです。

学童がわりに塾に通う、という方もいらっしゃいます。教育のプロがチェックすることで、音読だけではなく、さまざまな学力を伸ばすことにもつながります。

ぜひこの記事を参考に、まずは1日3分から、お子様と一緒に音読練習を始めてみてくださいね。

\お子様の音読にお悩みの方へ/

お子様の音読に不安を感じている保護者様は大勢いらっしゃいます。

「なんとかしてあげたいけど…」

と思っていても、仕事や家事・育児でなかなか時間が取れなかったり、どうやって指導したらいいのかわからずに悩んでいらっしゃれば、ぜひフラップスにご相談ください。

  • お子様がなぜ音読につまずいているのか?
  • どこに注意すれば良いか?
  • ご家庭でできる取り組みとは?

などをプロの塾講師がアドバイスする【30分無料学習相談会】を実施中です!

ご希望の方は、公式LINEアカウントから【小学校低学年学習相談会希望】とメッセージを送ってくださいね。

公式LINEアカウントからお問い合わせいただけます

※相談会は【教室での相談会】と【オンラインでの相談会】から選択いただけます。

フラップスでは小学1年生から授業を開講しており、音読練習にも力を入れております。早くから入塾されたお子様ほど、高学年になるにつれて安定した学力向上につながっています。

ぜひこの機会に、プロの学習アドバイスを体験してみてくださいね!

最寄りのフラップスの教室の詳細はこちらからご確認いただけます。
フラップスの小学生コースの詳細はこちらからご確認いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です