【中学生】内申点はどう決まる?仕組みと内申点の上げ方を解説!

高校入試で必ず必要な内申点の仕組みと内申点対策を解説します。

中学生にとって最も重要な成績が内申点です。内申点の点数によって、受けられる高校が決まります

しかし実際は、内申点の重要性や内申点の仕組みを理解していない中学生も少なくありません。これでは内申点を上げることは難しいでしょう。

そこで今回は、中学生やその保護者様に知っていただきたい内申点の仕組みと対策方法について解説します!

内申点についてよくわからない方はもちろん、内申点がなかなか上がらない人は、ぜひ最後までご覧ください!

フラップスの中学生コースについて詳しくはこちら
フラップスは内申点対策に力を入れています!

高校入試の仕組み

高校入試の仕組みを解説します

夏休みが終わると、中学3年生は本格的に高校入試を意識し始めます。

第一志望の高校に合格したい!

そう思って勉強を頑張る生徒たちを見ると、私たちも身が引き締まる思いです。

では高校入試で合格するためには何が必要でしょうか?

もちろん学力が必要だよね?

そう、もちろん学力は必須です。ですが実は、高校入試当日の学力テストだけで合格できるわけではありません

今の高校入試で学力と同じくらい必要になるのが内申点です。

内申点とは、中学校での成績です。通知表に記載されている1〜5の合計点数が内申点です。

つまり高校入試で第一志望校に合格するためには、学力と内申点の両方を対策する必要があると言えます。

高校入試で必要になる内申点はいつから?

都道府県によって、高校入試で必要になる内申点は時期が異なります。

例えば、東京都立高校入試は、中学3年生2学期(前期)の内申点のみが必要です。

一方の神奈川県立高校では、

  • 中学2年生の3学期(後期)の内申点
  • 中学3年生の2学期(後期)の内申点

が必要にあなります。また、中学3年生の2学期(後期)の内申点は2倍されるので、特に比重が大きくなります。

特に神奈川県立高校入試を受ける場合には、

中学2年生の内申点が必要だなんて知らなかったよ…

という中学生も少なくないようです。

内申点対策はその時だけ頑張ればいい?

ここまで説明すると、

中学3年生の2学期だけ頑張ればいいんだね!

と考える中学生もいますが、実はこれが一番危険な落とし穴です。

中学3年生の2学期の内容は、中学3年生の1学期で学んだ内容の応用です。そのため、中学3年生の初めから理解できていなければ、高い内申点を取ることは難しいでしょう。

特に注意してほしいのは神奈川県立高校入試を受ける場合です。

中学2年生の3学期(後期)の成績はその時のテストの結果だけではなく、中学2年生全ての結果が反映されることがほとんどです。

そのため中学2年生の初めから内申点対策をしておかないと、高校入試で活用する内申点で、思ったような点数が取れなくなってしまいます。

中学生の学習内容はとくに連続性が強くなっています。そのため中学3年生で良い内申点を取るためには、それまでの内容を理解している必要があります。その意味では、内申点対策は中学1年生から始まっているとも言えます。

内申点はどうやって決まる?内申点の仕組みを解説

高校入試で重要な内申点の仕組みを解説します

高校入試で大切な内申点は、一体どのように決まるのでしょうか?内申点の仕組みを知ることは内申点対策にもつながりますので、必ず理解しておきましょう!

①内申点を決めるために見られているもの(要素)

内申点が中学校の定期テストの点数だけで決まると思っている中学生は少なくありません。実際は、定期テスト以外の要素も大きく影響しています。

内申点を決めるために学校の先生が見ている要素は、大きく次の4つです。

  1. 定期テスト(中間テスト・期末テスト)
  2. 単元テストや小テスト
  3. 提出物
  4. 授業態度

意外と見落としがちなのが、単元テストや小テストです。内申点に反映されることを知らずに手を抜いてしまうと、せっかく定期テストで良い点数を取っても内申点が低くなるので注意が必要です。

②内申点のつく仕組み

これら4つの要素はそれぞれ点数化され、その点数によって内申点が決まります。そこで注目してほしいのが観点別評価です。

通知表には内申点のほかに観点別評価が載っていて、この観点別評価によって内申点は決まっています

4つの観点別評価
合計点数
(国語以外の教科)
5つの観点別評価
合計点数
(国語)
内申点
18〜2022〜255
14〜1718〜214
11〜1313〜173
8〜109〜122
4〜75〜81

国語のみ5つの観点別評価があり、他の教科は4つの観点別評価です。

そして、下記のような観点別評価ごとの点数配分が決められています。

観点別評価
段階
A゜ABCC゜
配点5点4点3点2点1点

内申点対策を考えるときは、内申点の数字だけではなく、この観点別評価を意識すると良いでしょう。

▼フラップスでは内申点の仕組みも生徒に指導します▼

フラップスの合格プランニングはこちら
フラップス流の進路指導「合格プランニング」は行きたい高校にいくためのオリジナルカリキュラムです!

内申点を上げたい!内申点の対策法は?

内申点対策を解説します

「志望校を受けるのに必要な内申点に届いていない…」そのような時に必要になるのが内申点対策です。

フラップスでは定期テスト対策はもちろん、内申点対策に力を入れています。

内申点対策は、ただ闇雲に定期テスト対策をすればいいものではありません。

そこで今回はフラップス流・内申点対策を特別にご紹介します!

ステップ1:通知表を分析する

中学生は学校の勉強以外にも、部活動や習い事などでハードスケジュールを送っていることがほとんどです。そのため効率的な内申点対策が必要です。

そこで活用するのが通知表です。まずは通知表を確認しましょう。

中学校に返却する場合は、コピーを取っておくと安心です。

通知表で見るべきは、観点別評価です。観点別評価を分析すれば、どの教科をどのように対策すれば内申点が上がるかがわかります。

例えば、

数学の観点別評価はほとんどAだけど、関心・意欲・態度がCだなぁ。

このような場合は、数学の関心・意欲・態度の評価を上げるだけで内申点が高くなる可能性があります。

その子によって得意科目・不得意科目も違いますし、特徴も違います。そのため、一人ひとりに合わせた内申点対策が必要になります。

▼自分に合った内申点対策が知りたい方はこちら▼

フラップスへのお問合せはこちら
フラップスの内申点対策で素内申10アップも!まずはご相談ください!

ステップ2:4つの要素のうち自分の弱点を補う

通知表の観点別評価を分析すると、これから取るべき対策がわかります。

大きく分けると3つの対策があります。

  1. テストの点数を上げる
  2. 提出物を出す
  3. 授業態度を改める

パターン1:テストの点数を上げる

まずはテストの点数を上げることで内申点がアップするパターンです。

このとき注意してほしいのが、定期テストの点数は高いけれど、単元テストや小テストの点数が高くないケースです。

単元テストや小テストが大きく足を引っ張っている場合があるので、気を抜かずに対策しましょう。

パターン2:提出物を出す

次に提出物です。まず提出物を出していないことがある人は、全て期日内に出しましょう。提出物を出さないことは、内申点を下げてほしいと言っているのと同じです。

提出物はしっかり出しているのに評価が低い場合は、提出物の内容に改善点がある場合があります。

  • 先生の指示通りの内容になっているか。
  • 丁寧な字で書いてあるか。
  • 丸つけや間違え直しがなされているか。
  • 間違えた問題の解答だけなく、途中式や解説まで書いてあるか。

こういった細かいポイントまで意識すれば、提出物の評価点を高くすることができます。

パターン3:授業態度を改める

最後に授業態度です。授業態度をどの程度内申点に反映させるかは担当する先生にもよりますが、授業態度は悪いよりも良いに越したことはありません。

  • 授業中に寝てしまっている
  • 授業と関係ないことをしている
  • お友達と話している

これらに心当たりのある中学生は、一度授業態度を見直しましょう

このように内申点は、努力すれば上げることができます。まずは自分に合った内申点対策を考えて、できることから1つずつ取り組んでいきましょう!

まとめ:内申点は努力で上がる!内申点を上げる方法を知ろう

内申点対策で志望校合格に近づこう

ここまで内申点の仕組みと内申点を上げるための具体的な対策方法について解説してきましたが、いかがでしたか?

この記事のポイント
  • 高校入試で合格するには学力と内申点が必要
  • 内申点対策は実は中学1年生から始まっていると言える
  • 内申点は観点別評価で決まる
  • 定期テスト・小テスト・提出物・授業態度が対策のポイント
  • 通知表を分析して、自分に合った内申点対策を取る必要がある

内申点対策は中学1年生から始まっています。

コツコツ努力をすることで内申点はいくらでも上げることができますので、

なかなか内申点が上がらない

内申点の重要性がよくわかってないみたい

という中学生やその保護者様は、ぜひ一度フラップスまでご相談ください!

正社員のプロ講師が、お子様に合わせた内申点対策をご提案します!

▼自分に合った内申点対策が知りたい方はこちら▼

フラップスへのお問合せはこちら

▼フラップスは内申点対策に力を入れています▼

中学生コースの高校入試合格実績はこちら

▼お近くのフラップスの教室案内はこちら▼

フラップスの教室案内はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です